从行业角度来说,作为多技术交叉领域,VR涉及的技术同样可以被用到其他许多行业中去

YVR首席技術官の費越博士によると、VRは携帯電話などの2次元計算プラットフォームが進化した3次元計算プラットフォームであり、両者の間の重要な違いの1つは、VRが独自の空間知覚と空間計算能力を持っていることであり、アルゴリズムがVRにこのような能力を与えていることである。結局、視覚効果以外にも、VRデバイスはできるだけ遅延感を下げる場合に、体の動作を正確に識別し、できるだけ正確に位置決めし、安全性をさらに向上させることなどを確保する必要がある。これにより、VRに必要な自己研究アルゴリズムは、視覚、動作認識、測位の2つの種類に分類されます。この段階では、YVR自己研究のアルゴリズムにはVST、レンダリング、追跡などが含まれています。まず視覚アルゴリズムであり、用途に応じてVSTとレンダリング技術の2つに分類されています。VR眼鏡の外界のカメラセンサーを通じて実世界の画像に戻ることができ、VR眼鏡に2つの「目」を装備していることに相当し、最も一般的なシーンはVRを使用する際の外界との対話である。しかし、VST技術が持っているいくつかの問題、例えば遅延や画面歪みなどは、レンダリング技術によって解決する必要があります。現在、YVR 2は3 D認識と画面補正機能を備えたVST技術を自己研究している。彼らは安全境界、平面と障害物を自動的に識別し、正確に位置決めできるフレームワークを設計し、疎平面モジュール、後端主モジュールとループ検出モジュールに分け、平面認識と入力された環境点雲データに基づいて、ユーザーが使用する安全境界を確定し、同時にAIアルゴリズムを利用して障害物識別を行う。これにより、ユーザーがセキュリティ境界から離脱しても、VRデバイスは周囲の環境における障害物をタイムリーに察知して注意を発し、ユーザーの安心感を高めることができる。その中で、ATWは時間コヒーレンスを利用して、できるだけ前のフレームの計算サンプルを再利用することである、ASW技術は、画像の画素点ごとにベクトル動き推定を行い、ユーザが移動する際に2フレームの差分により次のフレーム画像を予測する。これにより、VRデバイスは、リアルタイム投影の場合に大量の画像データを処理する必要がなく、できるだけ遅延を低減した場合に、ユーザに外部の物体をはっきり見えるようにすることができる。また、YVRは独自に動作認識と測位アルゴリズムを開発し、これには6 DoF、SLAMなどの各種アルゴリズムが含まれている。具体的には、YVR 2はvSLAMアルゴリズムによってユーザーの位置を「認識」し、ユーザーの安全を確保するとともに、6 DoF、SLAMなどの技術によって動作を正確に識別し、ユーザーの意図を判断することができる。まずSLAMアルゴリズムを見てみましょう。簡単に言えば、位置決めと地図構築を同時に行うことです。その中でYVR 2は視覚センサを用いたvSLAMを主としています。例えば、家族がVRを買って一緒に遊んだり、VRを別の場所に持って行ったりすると、地図の位置付けや構築を繰り返すのは面倒になります。YVR 2は近いうちに国内初のマルチマップインテリジェント記憶機能を搭載し、単一VR眼鏡の異なる空間のマルチ防護境界記憶をサポートし、1回の設定後、再ログインすることで境界記憶を簡単に呼び覚ますことができるという。それ以外にも、位置決めと姿勢予測をさらに担当する6 DoF技術であり、3方向の回転と3方向の移動の6方向の移動を検出することができる。△図源ウィキペディア

不过即使有6DoF技术,部分VR头显定位还是容易出现不准确的情况,尤其是摄像头对着天空或地板等情况下,往往无法通过视觉算法进行精准定位。 因此,YVR自研了一种将RoNIN基于残差网络的IMU传感器数据用于运动估计定位和6DoF结合的系统框架。 这一算法会通过VR设备上自带的摄像头提取数据,在非静止的情况下进行6DoF估算,并结合IMU传感器输出数据,进行位姿预测。 通过这一方法,即使手柄不在视觉范围内,或双手柄发生折叠时,VR头显也能对手柄进行准确定位。 事实上,无论是视觉算法,还是定位或识别算法,都是VR设备中不可或缺的核心算法,如果缺少它们,必然会导致VR设备功能不齐全,甚至无法使用。 正是因为在算法侧的不断加持,YVR 2新品上市后,凭借着革命性的体验感优化得到了众多消费者的肯定。据YVR介绍,公司做产品的核心理念就是“站在科技和人文的十字路口,即为用户带来美好的体验,做一款好看,好用,好玩的VR眼镜”,背后深层的含义即给用户和开发者带来极致不妥协的产品,提供最优的性能,功能和体验。传递到产品的研发和工程端,YVR工程师们的自身要求也是研发和创新最合理最先进的算法,软件,硬件,对技术方案不妥协,对能力不妥协。 但其实,可能会有人问,国外如Oculus等厂商已经实现过一些类似的VR算法,为什么国内如YVR等VR厂商,还要在这种情况下进行算法自研 为何国内要加码自研VR算法 这里面有几个方面的原因。 一方面,从技术应用角度来看,当前行业对VR的需求正在不断提升。 对于VR而言,元宇宙的到来无疑加速了它的验证落地期。 无论是再次爆火的虚拟人,类脑算法技术,还是这段时间被热议的马斯克将大脑上传至云端等行业热点,都在说明下一个人机交互的时代正在来临。 自2016年VR大火以来,伴随着软硬件技术不断成熟,用户需求逐渐从看电影,玩游戏提升到VR设备之间的交互上,一系列VR技术和方案自然也面临着推陈出新。 在这种情况下,YVR公司在vSLAM,6DoF追踪,VST等算法领域均布局有自研的算法。此外,在光学,硬件,软件,工业设计等方面也组建了专业团队。据悉,YVR 2获得了德国红点奖,德国iF奖两大国际权威工业设计奖项,成为国内唯一同时获得这两项荣誉的VR一体机,也证明了YVR 在多领域具有优秀的研发能力。

 从行业角度来说,作为多技术交叉领域,VR涉及的技术同样可以被用到其他许多行业中去

实际上,这也是整个VR产业的发展趋势。VR被称为下一代计算平台,虚拟现实产业产业更是数字经济时代的关键重点产业。越来越多的人认为,VR将会改变人类交互方式,带来全新的生产生活方式。 又例如,利用VR完成复杂硬件装置的设计和构造,甚至在3D空间中模拟设备的运行,同样对于工业有着实用价值。 在这种情况下,自研VR算法已经不仅是行业需求,而是更深一步地成为科技进展的需求。 另一方面,从VR自身发展的长远视角来看,也会涉及到生态构建和技术话语权。 从行业角度来说,作为多技术交叉领域,VR涉及的技术同样可以被用到其他许多行业中去。 但与之相对的,是这些技术都还处在快速成长期,换而言之,当前业内玩家大部分还处于同一起跑线上,方方面面没有现成“轮子”可用,唯有自己“造”才能跑得够快。 在这种产业大背景下,自研算法的价值被无限提升,这也是打破技术垄断,实现“弯道超车”的绝佳机会。因此,只有像YVR等公司一样,抓住这个时机自研算法,才可能在VR以外的场景中制造更多的话语权,并将类似的技术应用到更多前沿场景中去。 从生态角度来说,这是一个难得的创新机遇,企业只有从一开始就掌握软硬件方面的自研能力,才能在VR行业中拥有更大的自由度和自主权。 与Meta,苹果,谷歌等公司一样,YVR正在通过自研算法和技术,“让更多人玩出梦想”。 面对新一轮VR技术热潮,YVR 2会有怎样的市场表现 我们拭目以待。


1g

发表评论

Copyright 2002-2022 by 生活百科网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.